calendar

          06« 2017/07 »08          
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

己という人間っぷり

ちゃがま

Author:ちゃがま
もはやパチンコパチスロで勝ち越せる能力を持ち合わせていないので、くだらなさ119%超を目指すブログです☆

最近のヤラレっぷり

最近のおしゃべりっぷり

お友達のつながりっぷり

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

 三沢選手の悲報 

え~珍しく日曜日に更新です。

カミサンと娘はお買い物に出かけて己はお留守番。

なんかいま雷がゴロゴロしてます。

あ!ワンちゃんがそれにびっくりして己の脇に添い寝しました。

いつもはおやつのときしか寄り付かないのに.......



プロレスラー三沢選手が亡くなりましたね。

今朝、新聞をみて思わず周りの家族がびっくりするくらい大きい声で『エェエ~!!!』と叫んでしまいました。

ショックです。

2代目タイガーマスクとして活躍していた全日本時代。

深夜放送されていた全日本プロレスをかじりついて見ていたのが記憶に残ってます。

当時、福沢アナウンサーがやっていたプロレスニュースが個人的に大好きでした。


マスクを外して三沢光晴として、全盛期時代のジャンボ鶴田と行った幾多の名勝負は今でも忘れられません。

『ジャンボとまともにやりあえる日本人がいるんだな~!!』って感心したものです。

さすがのジャンボも三沢選手にだけは、えげつない強烈な角度のバックドロップを浴びせていました。

そしてその同じ技が彼の最後にくらった技になるとは…とおもうと言葉がつまります。




彼のプロレスはどんなに厳しい技でも真正面から全て受け止め、それを耐え切った後に自分の持てる力を出し切り勝利するという、本当のプロレスの醍醐味を感じさせるものがありました。

長年、そのような技を食らったことで、体が悲鳴をあげていたのかなと…

でも一レスラーであり、団体の社長でもある身から、体調が悪くても一切弱音を吐かずにリングにたち続けた彼の雄姿は永遠に語り継がれてほしいと思います。

ご冥福をお祈りいたします。


あ、雷がやみました。 

同時にワンちゃんもいなくなりました。



スポンサーサイト
とほほん | HOME | 悲しき RUN AWAY

COMMENT

三沢vsジャンボ戦は初めてプロレスで
感動をした勝負でした。
間違いなく日本で最も愛されたプロレスラーの一人でしょう…
残念です。
2009/06/15(月) 10:52:19 | URL | ロンドン04 #- [Edit]
LONDONさん、
残念ですね.... 今でもなんか信じられない感じです。

試合中もなんか精彩を欠いてたとのことですが、タイトルマッチであったことからさらに無理をされたのでしょう。

己は何もしてあげることはできないですが、近くに興行が来たら行ってみようとおもっておりやす。

2009/06/15(月) 11:25:16 | URL | ちゃがま #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |