calendar

          05« 2017/06 »07          
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

己という人間っぷり

ちゃがま

Author:ちゃがま
もはやパチンコパチスロで勝ち越せる能力を持ち合わせていないので、くだらなさ119%超を目指すブログです☆

最近のヤラレっぷり

最近のおしゃべりっぷり

お友達のつながりっぷり

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 己とパチ人生 ~其の2~ 

昨日、美容院で約6年ぶりにカラーを入れてみやした。

ここ数年はもっぱら1000円カットオンリーだったんで、髪を洗ってもらったのも約6年ぶりくらいか!?

家族からは、まぁそんなもんじゃない。と言い換えるならば無関心としか思えない感想を頂きやしたorz

一人で経営されている小さな美容院ですが、とても感じの良いマスターでとても居心地のよい空間でございやす^^



では昨日の続きをば......。

友人の抱えていたドル箱を見て、少々の小銭がたまったいた己はセブン機デビューを果たしやす。

機種は”ニュービッグセブンP4”

忘れもしない大一というメーカーのドットデジタルセブン機。

昨今のCR機みたいに発展しないと当たることは皆無なものとは全く違っていて、3つの数字がトン、㌧、豚とリーチしたことを把握したと思ったらすでに当たっているという至ってシンプルなセブン機でした。

当時のセブン機はアタッカーの両脇にもゴーチャッカーがあり、アタッカーが開いたらアタッカーに拾われない玉はほぼ全て脇のゴーチャッカーに流れるので10ラウンドの当たりでも結構な出玉がありやす。

そして当たった瞬間のピピピピュィピピピ.......となる甲高い音(エヴァ約束のバー揃いの音に近いか?)が激しい高揚感を持たせる名機でした

デビュー戦こそ負けたのですが、なぜか学校をサボってこの台を打つと勝率100%という不思議な巡り合わせを持っていたのを覚えてやす

その後己はブラボーエクシードという液晶のセブン機にハマることとなりやす。

それからというものセブン機と羽モノを右往左往しながらふらついていたのであるが、どうしても気になるシマがありやす。

それがパチスロのシマ.........。

打っている人が全てと言っても間違いではないくらい、ヤバイ系の方達に陣取られているシマでそこと通過することさえも気がひけるほどの異次元空間...

しかしある日、同い年の奴がそれをやっていたので、意を決してパチスロのシマに初めて足を踏み入れたのであった。

新台で入荷していたその機種は”ペガサスラビット” 
(後に猛爆スロを作製した影響で検定取り消しとなったパル工業の2号機)

1台の空き台があったのだが、下皿にコインが2枚置いてありやした。

同い年の奴に『誰かいるの?』と聞くと『大丈夫なんじゃ...』と言うので初パチスロ開始。

当然7絵柄など見えるはずもなく、台の上部に貼ってあるリーチ目シールをリールが止まるたびに確認する明らかな挙動不審者となっておりやした。

そして2千円で当たったこの台はあれよあれよと連荘し、最終的に28,000円という大金を得ます。

まだ10代で働いたことすらない若造がいきなりの大金ゲットです。
すげぇ!パチスロすげぇよ!!!と換金所から受け取った手が少し震えやした。

んガ!!! 

翌日、学校で一緒に打ってた同い年の奴に呼び止められやす
『あの台○○さんっていうヤクザの人が2万打って放置してた台だったらしいよ!やばいよ!』

そう、確かにそこには2枚コインが残ってたのです。

大金を得た激しい興奮は1日過ぎたこの日。激しい焦りで心臓がバクバクし喉から飛び出すくらいの焦燥感にかわってやす。

たぶん寿命が2年は縮まったでせう.....。

夕方、同い年のやつと2人で換金した28000円を同店にいたその方に返金しに行き、と同時に『お前はこの店に来るなよ!』という店員以外の方に出入り禁止を促されたのであるが、これで済んだのだという安堵感しか当時の己にはありやせんでした。

いかんせんっ!

すでにパチスロの魔力につま先まで魅了されておった己は、別の店を開拓しやす。

そこに置いてあったのは”ファイヤーバード7U”
(ユニバーサル(現在のアルゼ)から販売された1.5号機です)

ボーナスのフラグがたつと小役が高確率で揃うので、オレンジかプラムが揃ったら次ゲームはボーナスを狙うというシンプルな台で、この台が己のパチスロ技術の根幹を養った機種といえるであろう。

この店はペガサスラビットの店とは違いパチスロ台数は多いのだが客は少なく、明るい雰囲気で1つ年上の先輩達が多数いたせいか居心地が良かった記憶がありやす。

その先輩に『ドラムを上から覗くとシールの切れ目があるから、そこを狙うと7が揃えられる』と教わった己は、小役云々というより毎回必死にリールを覗いて目押しにせいを出しやした。

しかしもう1つのボーナス絵柄であるスイカが全く見えず、スイカは7の真裏にあるというアドバイスの元、完全なるリズム打ちを覚えたのもこの機種です。

またなぜか数台だけしか反応しなかったのであるがボーナスフラグ成立時、レバーを叩いた瞬間に台の上部に位置するパトライトが半回転だけ回る台があり、その台が大好きなおばちゃんが上しか見ずにレバーオンしてる不思議な光景がありやした。

また角チェリー4枚とオレンジ10枚(以下参照)が同時に取れる複合役は、かなりの高確率でボーナスにつながったため、己の周りではこの目を”確信の目”と命名してやした。

 (7)
 (オレ) (オレ) (オレ)
 (チェ)

 ↑という並び。

そしてこの中リールにあるオレンジは1つしかないので、初めて直視して狙った絵柄がこのオレンジだったと記憶してやす。

今でこそこの台はBIG600枚抜きなどの攻略があったようですが、当時はパチンコの雑誌すら出てない時代.....。

完全なる養分だったと思われそうですが学生というひまな身分。 ずーっと店にいるとなんとなくだがそろそろ当たるという台が見えてきて、そこそこの勝率を残せたと記憶してやす。

番外だがその店に設置されてた”パールセブン”という一発台(1回の当たりで4000発近く出る7機)で、自動車学校の費用を全て叩き出しやした。

パチで買ったお金をこの費用にするという名目で母親に渡し始めると、散々反対していた母親が己のパチ稼動を容認するようになったのもなつかしき思い出だ。

そして時代は連チャンセブン機と連チャンスロ機の時代に突入していきやす.....。

~ つづく ~



banner_13.gif

スポンサーサイト
視界不良 | HOME | 己とパチ人生 ~其の1~

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。