calendar

          09« 2013/10 »11          
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

己という人間っぷり

ちゃがま

Author:ちゃがま
もはやパチンコパチスロで勝ち越せる能力を持ち合わせていないので、くだらなさ119%超を目指すブログです☆

最近のヤラレっぷり

最近のおしゃべりっぷり

お友達のつながりっぷり

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 新種の花香 


小柳ルミコにイライラしていた。

久しぶりにイライラしていた。


たまーにそんなときがあるんだが、なんだろね。

打っていてどんな台でも100ゲームほどで、理由は完全に不明なれど「何か今日はこの台ではないような気がする」と、まるで設定を分かりきったような態度で台移動を繰り返すという愚行に走ったときは必ず大敗する。


気付いたときにはまだ2時間も経ってないのに12キロ。


いつの間にか勝つことではなく当たることに目的を変更していた己は、ぱちんこ銭形平次に座っていた。

投資千円。

ゼブラ泥棒から平次が悪党を退治し、1つの目的が達成されたと一息ついたら、2つ隣のAKBを打っているじじいの存在に気付いた。

じじい、しょんべんの切れは悪そうなのに、ボタンのキレは抜群じゃないか。


そして己に負けじとなかなかのカリカリ状態じゃないか。

小小大小の4連目を消化して、己の怒りも徐々にメルトダウンしはじめた己の隣に、誰が呼んだか誰が呼んだか銭形ではなくそのじじいスライドしてきた。


そしてなんと押しメンをぱるるにして仮パチログを始めやがった。

「プッw よっぽどぱるるがすきなんだなw」

この行動には、己もじじいの強打を忘れるくらい驚いたのだが、さらに驚いたのがリーチ中の手拍子ボタンまでちゃんと対応してるではないか。

ハイッ!(パシッ!) ハイッ!(パシッ!) ハイハイハイッ!(パシパシパシッ!)


実のところ半テンポほど遅れているから、ぱるるからお褒めの言葉はないもののきちんと狙っていた。


じじいの手拍子に応えるかのごとく初当たりゲット☆

4連で終わった己はじじいの行動に完全に釘付け(笑)



そしておもむろにボタンをコントロールしじじいが選んだ曲は.... 涙の太陽(だっけ?)


「ぱるるじゃねーのかよッ!」

久しぶりに声に出してつっこんだ。


その後、じじいの連は順調。

まぁ、年寄りが元気なことはおおいに宜しいことなんだが、ドル箱の玉が溢れてこっちに流れてきても気付かないくらいミニスカダンスに夢中になられたら正直迷惑。

溢れた玉を押し返してやると、映像に夢中になってた自分に恥ずかしくなったのか、今度は曲をキンモクセイに変えた。

己は散々ミニスカの唄を聴かされた影響からか、キンモクセイがとてもいい曲に感じた。



そいやーこないだ雑誌で観たんだが、キンモクセイだけでなくギンモクセイの花もあるんだね。

キンモクセイに比べるとギンモクセイは、花の色も白く、特徴である香りも抑えられている奴らしい。

キン、ギンときたらやっぱ気になるよね。

ドウもあるんかな?って...。




そしたらそれを調べる前にじじいが静かに教えてくれました。


ドウモクセイ,,,ドウモクセイ。










どうも臭え!!!


あろうことかじじい、屁をこきながらの連消化。

キンモクセイすら完封するようなその臭さに、さすがの己もドル箱で頭をひっぱらこうかと思ったがグッとこらえて退席した。


だって己は立派なオトナだし。


いいえ、飲まれたからだけなのです。


ー13キロ。

自分がドウモクセイ以上に養分臭く感じて、なんだか泣けてきました。

スポンサーサイト
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。