calendar

          06« 2012/07 »08          
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

己という人間っぷり

ちゃがま

Author:ちゃがま
もはやパチンコパチスロで勝ち越せる能力を持ち合わせていないので、くだらなさ119%超を目指すブログです☆

最近のヤラレっぷり

最近のおしゃべりっぷり

お友達のつながりっぷり

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

 困惑の判定 

コンビニのとろろそばをお昼に食そうとしたとき困惑した。

コチラ側のどこからでも切れますという蕎麦ツユの袋が全く切れないのだ。
よ~く見ると所々に切れ目が入っている袋だった。
しかもそれははさみで切った後に気付いた。

偉そうな感じを見せながら実は大したことがない。そんな雰囲気をこの袋からひしひしと感じ、それを見つめ困惑しながらも蕎麦をすすっていたのだが、それ以上に昨夜の柔道の判定にはもっと困惑したのです。



金メダルどころか銀メダルさえちーっとも獲得できずにホールを去っている己は今、オリンピックをよく観ている。

このブログはブロ友であるナンジョウさんをもホッとさせる心のオアシスなるトコロであるがゆえ、コインとメダルを強引に結びつけたところは皆様どうかお気になさらずにと言った具合ですが、それよりなにより昨日の男子柔道の海老沢選手と韓国選手との試合は衝撃の流れでした。


両者、決定的なポイントを取れぬまま延長戦へ。

時間が半分過ぎた頃に、海老沢選手の技が決まって有効の判定。
倒れたままうなだれる韓国選手。

ポイントを取った時点で試合が終わる延長戦なので、試合は終了!・・・と思いきや、ビデオ判定する第4の審判からの指示で有効判定が取り消し、試合続行。

そして両者決定打を奪えないまま延長戦終了して旗判定へ。

現場審判の3人全員が韓国選手の勝ちを示す旗が揚がった瞬間、場内は大ブーイング。

そしてまたもや第4の審判が指示を出して再度の旗判定。

そして今度は全員が海老沢選手の旗を揚げるという衝撃的な結末。



最初の旗が揚がったときは己もTVに向かって「嘘だろ!」と呟いたのですが、間近で観ていた会場の人々のほとんどがおかしいとブーイングが起こったことには不思議な感じがしなかった。

しかし最初の判定が全て覆るとは正直思わなかった。
第4の審判の指示を受け、再度旗判定をする前の主審の不愉快な顔はとても印象に残ってる。

このビデオ判定システムは、最近導入されたものらしく、ジュリーシステムと言うそうだ。

現場審判よりビデオ判定が優先されるこのシステムは誤審防止のためなのだそうですが、どうやらジュリーよろしく現場審判には勝手にしやがれというわけではないようで、昔、サザエさん家の隣に住んでた浜さん家の犬のようにこっちのがエライのである。


まぁ今回は試合内容からすれば海老沢選手が勝ってたので間違ってるとは言えなかったが、己は負けた韓国選手にもお気の毒に感がとても強く残ったのです。

せっかく勝った!!と思った数分後には負けてるという現実に、きっと超番長ボーナスを2日連続でひいてもマイナス収支だったという現実が重なったからだろう。


それにしてもこんなに大騒ぎになったニュースなのに、一個人の、しかも5スロごときの話にすり替えようとした失礼な男に対しジュリーが判定を下す日も遠くないかもしれません。

むしろ今となっては今月こんなにやられる前に、「打つな!」という判定を下してもらいたかったとさえ思うのです。


スポンサーサイト
| HOME | NEXT