calendar

          08« 2010/09 »10          
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

己という人間っぷり

ちゃがま

Author:ちゃがま
もはやパチンコパチスロで勝ち越せる能力を持ち合わせていないので、くだらなさ119%超を目指すブログです☆

最近のヤラレっぷり

最近のおしゃべりっぷり

お友達のつながりっぷり

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 呪いるす 

拙者、箱鬱瀬津乃介(はこうつせずのすけ)と申する。

かつては江戸時代、稀代のギャンブラー浪人として名を馳せておったの拙者だが、
ある日、丁半博打小屋にてサイを振る娘に興奮して近寄ろうとしたときに豆腐の角に頭をぶつけてしまったのが運のつき。
その後は全くと言っていいほど博打において見せ場がなくなり、寂しくその生涯と閉じてしまった男である。


この無念さを、「た○○でも金!た○でも金!マ○でも金!議員でも金!」と最後の部分だけ金をメダルではなくキャッシュのように言い切ったあいつにでもぶつけてやろうか...。

はたまた、もう3度目だというのに「初めまして」とコメントをつけてくるあいつにぶつけようかと悩んでおったのだが、今は茶釜という中年に取り憑いているのでござる。


拙者の怨念がどれほどの力を発揮するかというと、この茶釜という男、拙者の名の通りここ2ヶ月はスロにおいてまともに箱を使ったことがない。

拙者がちと温泉に入りに行ったこないだの3連休の時、1日だけルパンのスーパービッグ3連で1100枚を出したくらいしか見せ場がないのである。
rupan.jpg
しかもこの写真、タイプラなどのアツイ演出がその前にあったにも関わらずそれは撮らず、これで何をアピールしたいのか分からないところにこの男の動揺っぷりが伺える。

先日のニューパルの1件なんかもう呪いの典型ともいえる展開なのである。


いかに拙者のノロウィルスじゃなくて呪いるすが強力なものか理解できたであろう。


しかしそろそろこの怨念も、茶釜という者があまりにも華のない稼動になりすぎているのがやや忍びなく感じてきたし、奴は家を建てるという今世紀最大の借金をこれから背負うとのことなので、今日限り拙者は茶釜のもとから去り、また新たな者に住処を替えようと決心したでござる。



とりあえずこれからセグウェイの社長のところに行ってみようかと思ほゆ。


さらばじゃッ!







…というわけで、己に取り憑いた呪いるすは今日限りでいなくなったはずです。


これからの稼動に期待してください。


ってかそろそろスカーッと勝たせてほっしいY!


 banner_13.gif
次は付利伊豆出汁左衛門(ふりいずだしざえもん)に来て頂きたい♪
スポンサーサイト
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。