FC2ブログ

calendar

          07« 2010/08 »09          
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

己という人間っぷり

ちゃがま

Author:ちゃがま
もはやパチンコパチスロで勝ち越せる能力を持ち合わせていないので、くだらなさ119%超を目指すブログです☆

最近のヤラレっぷり

最近のおしゃべりっぷり

お友達のつながりっぷり

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

  

パチンコ、パチスロをやっている人は、必ず考えたことがある要因。





パチンコは良釘、パチスロは高設定を掴んでぶん回すということが勝利への近道であるわけですが、どんな良い台でも展開負けする時は必ずあるわけで。

その時に皆が真っ先に考えることは..

”今日は運が悪かった”

ある意味クソ台だったとしても、運が良ければ勝てることもあるわけだし(←己の勝利はほぼコレ)、ギャンブルは時の運とはよく言ったものである。


こないだ新聞だったか、ネットだったかはちと忘れたのですが、この運についての記事がありました。
これについて思ったことを今日は書いてみようと思います。


人は運の考え方について、2つのパターンに大別される。


例えばある日、とあるきっかけでクジを2回引きました。
結果は2回とも大当たり!! 商品は図書券500円の2枚でした♪

この時クジを引いた人はどう思ったでしょうか?

①「あぁ...何か幸運を無駄引きしたかも...。こんなの当たるんだったら、パチスロで当たってくれたが数倍ましなのに...。」

②「よしッ!今日の俺はとてもツキがある! このままの勢いでパチ屋に行けば必ず勝てるッ!」




あなたはどちらのタイプですか?


己は、典型的な①のタイプの人間であります。
現にこのブログでも、チョコボールのエンジェルが当たることを運の無駄引きと言いながら記事にしている人間です。

即ち、人間の運にはある定量があり、それを使うとどんどん減っていくと思っている人と、運などは人それぞれ持っているが、どれだけそれを掴み取ることができるかと思う、運に定量などがないと思う人に分かれるわけです。


さてここからが重要。

あらゆるジャンルにおいて成功していると言われている人は、圧倒的に②のタイプの人が多いそうです。
ただし、このような方々は運も実力の内!という考えを持ちながらも、それに負けない努力を続けている人なんだそうです。

ただし、運が定量だと思う①のタイプの人は、「こんだけ良いことが続くと次は必ず悪いことが起こるかも..」と予めリスクを考慮してそれを回避するというメリットもあるそうです。



そうと分かったら、これから運の考え方を脳内変換して人生体質改善っ♪

...と努力すること自体は二の次にして、そう思った単純極まりない己の体質は、毎日スッキリ快便。

えぇ、どうやらウンは貯まらない人間のようである。


それは勘違いじゃなくてウン違い!?


 banner_13.gif
お食事中に読まれた方、ごめんなすってよ。
スポンサーサイト



| HOME |